DSC01603

Small Lugworm is Serious

釣行日/03月27日(土)
釣行時間/23:30〜4:00
潮汐/中潮(満潮03:50)
ロッド/Daiwa morethan BRANZINO 87LML アーバンサイドカスタム
リール/Daiwa morethan BRANZINO 3000
ライン/TORAY SEA BASS PE パワーゲーム 1.0号
リーダー/TORAY SEA BASS PE パワーゲーム フロロ 16lb
ルアー/ワンダー80(CV custom)
釣果/61cm

前日の雨の影響が少しでも残っていればいいなぁいいなぁ。と思いながら、上げ狙いで河川へ。上流から3時間ほど投げ続けるも、1度だけ”ゴンッ”と大きなバイトがあったっだけ。それだけが心の支えだった。魚はいる。が、かからない。しかし、上げ:7分ごろ。海水と淡水が混じり合った時なのか? 水面の流れが一瞬止まった時にだけ、極微量だがバチが走り始めた! しかも、凄く小さく走るのも一瞬。なんだあれ? ボケっと見てると、すかさず遠くで捕食音が聞こえ、すぐ目の前でボイル発生! 速攻でエリテン、ネレイド、ヤルキバ、ニョロ、フィール、月歩、エムツーを各2色づつぐらい投げるもまったく獲れない? なんで? 投げるバチルアーもなくなり、仕方がないので最終手段。ロスト覚悟でワンダーを沈めて巻いてみようとキャスト。すると、沈めて巻いてみたら根がかり。かと思って、竿を煽ると突然シーバスのエラ洗い!! ワンダー丸飲みでした。