ph_4

Ready Right Now

釣行日/3月24日(土)
釣行時間/18:00~05:30
潮汐/大潮(満潮18:18、06:12)
ロッド/DAIWA morethan BRANZINO 107ML フルムーンカスタム
リール/DAIWA morethan BRANZINO 3000
ライン/KUREHA Seaguar R18 SEABASS 0.8号
リーダー/KUREHA Seaguar Premium MAX 20lb
ルアー/ヤルキスティック93ラージフック(ハッピーレモン)
釣果/ 40up、40up、50up

日差しは暖かくなり、季節はすっかり春ですね。
3月最終の大潮となった先週末の釣果報告です。

バチシーズンも本格化。
内房ランガンで夕マズメから下げの河川、
朝マズメは上げの磯というこのシーズンお決まりのコース。

日が暮れる前にポイントへ。
前日まで降り続いた雨の影響か内房から見る富士山が綺麗でした。暗くなる前に準備開始。

hayabusa.bzでブログを始めて仕事中に釣りをやられている方から「ノットは何ですか?」
と何度か言われたことがありました。自分はFGノットを使用しています。
へたくそですが一応こんな感じです。参考になれば。

そして、満潮を迎えた河川の下流から上流へ少し移動しながらキャストを繰り返すと、飛びついてきたのは40up!

さらに上流へと移動して、バクッと40up! ルアーは「ヤルキスティックのラージフックタイプ(ハッピーレモン)」。9.3cmのルアー丸吞み。この食い方する時は完全にバチパターンだ。

その後、大潮で下げの流れが急激になり、目の前にできたヨレに向かってキャストし続けて、50up! 

レギュラーサイズを3本穫ったところで南進を決意。
だが、朝マズメまで粘るも、その後は魚の顔を見ることはできなかった。

明け方、釣り場で片づけをしていると2匹の猫がアミをずっと舐めまわしていた(笑)。

帰りに行きつけの干物屋さんに立ち寄ると、保田で水揚げされたヒイラギが大漁。

内蔵のある魚だから、寒い空気で天日干ししないとだめなので、そろそろ終わりかな。
「ギラ」というのは千葉の地方名らしい。

昨年、勝山港でルアーにかかったヒイラギ。名前の由来通り、トゲがあって樹木の「ヒイラギ」の葉に似ている。

ということで、ヒイラギの干物を300円で買って帰った。
フライパンに油を引かず「から炒り」してバリバリ食べた。
フライパンで「から炒り」したものを醤油・砂糖で味つけして田作りのようにしても美味とのこと。