ph_37

WSS Seabass Tournament 2012 Eastern League Round 1

釣行日/4月20日(土)、21日(日)
釣行時間/18:00~20:00、7:00~11:30
潮汐/大潮(満潮17:00、干潮11:32)
ロッド/DAIWA morethan BRANZINO 107ML フルムーンカスタム
リール/DAIWA morethan BRANZINO 3000
ライン/KUREHA Seaguar R18 SEABASS 完全シーバス 0.8号
リーダー/KUREHA Seaguar Premium MAX 20lb
ルアー/SALTEXエムツー(シースルーチャート)、SALTEXネレイド(シースルーチャート)、
SALTEXジュノ80S(HGマイワシ)、ローリングベイト(P02.PPチャート、14SHセグロカタクチ)
シーライド(#3マイワシ)
釣果/ 30up5本、40ないぐらい4本、40up2本

試合前日、釣具屋へ行ったついでにシーバスを1匹だけ釣ってから、家に帰ろうとしていた。

タイミングさえ間違わなければ、4月は都内の運河ならどこでも楽に釣れる。
大潮の満潮、ポイントに到着すると先行者なし。バチを意識したシーバスは表層ばかり見ているので、
ソルテックスのエムツーを投げてゆっくり引いてみると。

ググググー。

3投目で40upを1本。

予定通り納竿とし、帰路につく。が、途中ある港湾部を車で通過しようとした時、路肩に1台のタクシーが停車していた。通り過ぎる一瞬を見逃さなかった。タクシーの運転手さんは釣り人と会話をしていたのだ。一見なにも気にならないような日常的な光景だが、なぜか気になって車をパーキングに停め、慌てて運転手さんのところへ駆け寄ってみると。釣り人3人で一人20本以上のシーバスを釣り上げたのだと言う。

「こんな日ないよ! お兄ちゃんもやったほうがいいよ!」
サイズはともかくとりあえず準備することに。すると!? 

挨拶代わりにローリング1投目で40ないぐらい!

そして、カラーローテーションでの30up!

立て続けにローリングで30up!

さらに、ローリングのカラーローテーションで30up!

ローリングでアタリがなくなり、ネレイドにチェンジして30up!

同じくネレイドの遅巻きで40up!

試しにジグでガンジギしてみると、30up!

ローリングで40ないぐらい!

9本目もローリングで40ないぐらい!

10本目はジュノでコイツも40はないな~! 

ここでいい加減に飽きて、先ほどの釣り人のところへ行ってみると、
別の方が2人いてその方達も10本づつ釣ったとのこと。この1~2時間で約100匹近くのシーバスがあがった。

そして、翌朝、WSS関東リーグ第1戦の会場となった、東京ゲートブリッジのふもとにある若洲海浜公園にいた。

開会式でルール説明。参加者は45名、キーパーサイズは40cm。
釣り上げたシーバスは、ストリンガーで繋いで審判に計測しに来てもらう。
そして、ポイントに入る順番を決める最初のクジ引きで、引いたのは45番(泣)
だが、動揺することなく、自分の釣りを心がけると、1時間ほどで待望のヒット!

審判に計測してもらうと、キーパーサイズギリギリの43cm!

その後、下げ5分を過ぎると流れが激しくなり、突然水質が濁り始め、
ずっと目の前を泳いでいたベイトがピチャピチャと時おり逃げ回っているようにも見えた。
これがラストチャンスだろう。シーバスの気配を感じ、集中してリトリーブを続けると。。。

自分の巻くルアーの進行方向3mぐらい前で突然シーバスのライズ!

えっ!

と思ったときには、ググググググー!

うぉー!

しかし、バシャバシャバシャっと、ワンジャンプフックアウト。
集中していたにも関わらず、間合いを詰められたというか変なロッド操作でバラしてしまった。

そして、タイムアップ。

45名中11人、12本のシーバスがウエイン。唯一2本釣られた方が優勝。おめでとうございます!

結果は9位。修行が足りませんね。

大会関係者の皆様、参加された皆様、大変お疲れさまでした。