wss_classic_thum

Seabass Angler of the Year

釣行日/11月18日(日)
ロッド/DAIWA morethan BRANZINO 107ML フルムーンカスタム
リール/DAIWA morethan BRANZINO 3000
ライン/KUREHA Seaguar R18 完全シーバス 0.8号
リーダー/KUREHA Seaguar Premium MAX 20lb
ルアー/ワンバイブミニ(ホロアカキンイワシ)
釣果/ 42.5cm

2012年WSSシーバス技術交流会、

関東リーグ、関西リーグの得点ランキングトップ25名だけが出場権を手に、

『第6回ルミノックス WSSクラシック』が11月18日(日)に開催! 

すでに終了している両リーグ戦において、

幸運にも自分が1位となり、

関東、関西両リーグの『シーバス・アングラー・オブ・ザ・イヤー』というタイトルをダブルで受賞! 

その表彰式もありましたのでご報告。

世界的ウォッチブランド「LUMINOX(ルミノックス)」がメインスポンサーとなり、
優勝者にはシーバスアングラーのステータスであるスペシャルウォッチなどが贈られる
『第6回ルミノックス WSSクラシック』。舞台は東京湾(観音崎~富津岬)、
選手間相互審査方式でキーパーサイズは40cm、ボート、ウェーディングは禁止。
5時30分スタート、12時40分までに審査表を表彰会場に提出するというルール。

5時30分の夜明け、前日に降り続いた雨の影響を受けるであろうとある堤防にいた。写真左から右へ、強風が吹き荒れている。上げ潮、増水、北風とこの場所においては好条件が揃ってのスタートだった。

キャスト開始から1時間ぐらい経過していただろうか!?

自分の横で投げていた大会参加者ではないご年配アングラーが突然70upを釣り上げる!

マジか。。。そこずっと投げてた場所だったのに。

さらに、各選手からの情報で70upが次々とキャッチされているとのこと!

上げ潮、増水、北風という好条件は、ビッグシーバスの群れを呼び込んでくれたようだ。

しかし、東西の猛者が集結したクラシック戦だけに、WSSメンバーの容赦しない実力もやはり相当レベルが高い。

これだけ風が強いと得意の12gパワーヘッドのワームも流れに乗せることが難しい。

とにかく、集中して沖の潮目を軸にあらゆる方向からルアー「湾バイブミニ(ホロアカキンイワシ)」を投入。

すると!?

キャストしてボトムまでフォールさせると、

一瞬、ロッドから微妙な手応えが伝わってきた!

んっ!?

ゴミかな?

昨夜の雨の影響で漂流物が引っかかったのだろう。

ルアーを回収しようとリールを巻き続けていると!?

グ。

んっ?

ググ。

なんか、動いてね?

シーバスじゃない魚だと思ったが、なぜか魚のほうから寄って来たのであげてみると? 

まったくやる気のない、シーバス42.5cmのキーパーサイズをキャッチ!

魚をランディング直後、遠くから大声で走ってきてくれたのは、関西の森田さんだった。「イナローさんのメジャー借りてきたから計るよー」って。なんていい人なんだ、あんな遠い場所からダッシュで走ってきてくれたことに感激しながら撮った1枚。ありがとうございました。

クラシック戦は1年間共に戦い続けた関西の人たちと東京湾で一緒に釣りができるということで、個人的に特別な思いがあり、試合というよりもお祭りみたいで楽しくてしょうがなかった。森田さんはもちろん、清水さん、イナローさん、八木さん、コトジュンさん、小山さん、まさおみさん、平賀さん、北村さん、関東のアングラーでも難しい東京湾のスレたシーバスを釣られていたのはさすがですね。

*そんな、爆釣のクラシック戦レポートは、大会公式サイトをご覧ください!

そして、タイムアップ。

優勝は、70up2本と40up1本で高得点を獲得した宮さん、2位はレインのテクトロで3本獲った石川さん、3位に試合前夜にライントラブルで、キャストするたびに下糸が見えていたという状況で3本も釣られた相良さん。おめでとうございます!

表彰式終了後、関西選手会長であるイナローさんによる乾杯の挨拶。自分が唯一お手上げ状態だった、関西リーグ第2戦の四日市大会にて、他の選手もほとんど釣れないという状況の中で、5本というぶっちぎりの釣果で優勝されていた。ルアーを追いかけてくるシーバスが見えるんですよ。でも引き返してしまう。いま振り返ればそんな四日市特有のシーバスの習性を読み、ルアーを喰わせる技術はイナローさんしか持っていなかったということが証明された試合だった。かなり勉強になりました。『シーバスマガジン』のイナローさんの連載は要チェックです。

関東リーグ第1戦優勝、関東、関西の両リーグにおいて2位という結果を残された、さんきちさん(右)。関西リーグの最終戦で、自分の名前がついたオリカラのルアーで最後に一本釣られていたのは、メチャメチャ格好良すぎです。『週間つりニュース関東版』の新聞でも毎回ご登場されているさんきちさんのシーバス釣果情報は、これからも目が離せませんね(昨日も近所のセブンイレブンで新聞買ったら、さんきちさんランカー抱えてましたよ。笑)。

表彰式が行われた「ルミノックス横浜直営店」特設会場の壁には、夏の多摩川清掃でもお世話になった佐川先生をはじめとする歴代のチャンピオン31名の写真が飾られていた。

関西リーグ第1戦神戸大会の優勝を決めた1匹。自分だけ名前の文字が赤いのも会場で気がつきました。嬉しかったですね。

釣りは人間にとって絶対に必要な「レクレーションの時間」であり、スポーツとしてのシーバスフィッシングを社会に認めてもらおうという活動を続ける、萱間会長。釣り場の環境を守る、港湾管理の問題などにも取り組まれている。シーバスに対して別角度から情熱を注ぐ人生の大先輩であり、生物学、気象学など会長の言葉ひとつひとつが勉強になり、WSSを通じてとても成長できた1年でした。ありがとうございました。

表彰式が終わって帰りがけに「おめでとう、これ使ってよ!」と、ジュエリーデザイナーとしても活躍されるWSSメンバーの若林さんからいただいた。魚を生きたまま繋いでおくためのストリンガーをつけるプレート。超カッコいい!若林さんは「Wapaha」というブランド名で、釣りにまつわるシルバーアクセサリー、レザー小物などを作られているのでチェック! 上手い人たちはみんな使ってます。

そして、公式サイトにて『シーバス・アングラー・オブ・ザ・イヤー』受賞が報告された。

今大会を振り返り、思い出に残る1匹と言えば、やはり神戸初参戦で獲った1本目の61.5cmだろう。


第21回WSSシーバス技術交流会(2012関東リーグ第1戦 若洲大会)9位/45名
第22回WSSシーバス技術交流会(2012関西リーグ第1戦 神戸大会)優勝/52名

第23回WSSシーバス技術交流会(2012関東リーグ第2戦 若洲大会)9位/35名

第24回WSSシーバス技術交流会(2012関西リーグ第2戦 四日市大会)NF/41名

第25回WSSシーバス技術交流会(2012関東リーグ第3戦 若洲大会)3位/36名
第26回WSSシーバス技術交流会(2012関西リーグ第3戦 神戸大会)5位/50名 


2012年の東西リーグ6戦、すべての試合でドラマがあった。

来年はもっと強くなります。

大会関係者の皆様、参加された皆様、大変お疲れさまでした。