IMG_7573

Tokyo Wangan Seabass Tournament 2013 at Kasai

釣行日/4月14日(日)
釣行時間/5:00~10:00
ロッド/DAIWA morethan BRANZINO 107ML フルムーンカスタム
リール/DAIWA morethan BRANZINO 3000
ライン/KUREHA Seaguar R18 完全シーバス 0.6号
リーダー/KUREHA Seaguar Premium MAX 20lb
ルアー/MEGABASS X-80 SW (IL MIRAGE)
釣果/ キビレ40cm

2013年度のWSS(湾岸シーバスソサエティー)が遂に開幕。

今年から技術交流会は、「東京湾」、「伊勢湾」、「大阪湾」という

3つのシーバスソサエティーによって運営となり、

従来までの開催場所だけでなく、まだやったことのない新しいフィールドを設定することで、

シーバス釣りの「技術向上」と「可能性の拡大」を目的に生まれ変わりました。

しかし、ポイントがどこであろうと関係なく、皆、シーバスを釣りたいという気持ちは同じ。

日頃鍛えた技術で競い合い、終わった後は釣りあげた人の解説で釣り方を共有する。

大会ではあるものの鱸に魅了された釣り人ばかりが集う、真のシーバスクラブとして、

未知なるシーバスフィッシングの可能性を求め、今季も参加させていただいております。

さて、4月14日(日)に開催された『東京湾技術交流会 第1戦 葛西大会』のご報告を。

大会開催場所は「葛西臨海公園~旧江戸川河口左岸エリア」。

要は「荒川」と「旧江戸川」の河口という新しいフィールド。

旧江戸川右岸に4時00分集合。参加選手は19名。

安全についての注意として、1/先行者優先。一般の釣り人の方の迷惑にならないように。 2/釣り人との距離はできる限り竿5本分以上あけること。 3/自己責任で安全にくれぐれも注意。もし海にはまってしまった時にどうすればよいのかを考えておくこと、などが開会式で説明された。

参加選手へマップが手渡される。赤いマーカー部分がキャスト可能な今回のフィールド。この日は、風速10メートルを超える南西の風が、右側にある東京ディズニーランドに向かって吹き荒れていた。

5時00分のスタートとともに、ほとんどの選手が風の当たるディズニーランド側の旧江戸川左岸河口へ向かう中、自分はあえて旧江戸川の右岸河口へと向かった。

旧江戸川右岸河口の夜明け。上げ9分、南西の追い風。先行者なし、貸し切り。

河口の角から橋脚まで行ったり来たり、

5時間ありとあらゆるルアーを投入しましたが、

右岸からシーバスは出ませんでした。

追い風の奇跡はなく、バイトすらなし。

惨敗です。

しかーし、9時44分、MEGABASSのハチマルをタラタラ流れに乗せて巻いていたら、

待望のヒット!

あげてみれば、かかったのは、

40cmのキビレ~。マジカヨ。

ヒレが黄色いからキビレ。

そのまま、タイムアーップ!

優勝は65cmでバッシーさん、2位は59cmで河合さん、3位は56cmで西さん。おめでとうございます!

特筆すべきは、スタート直後に唯一自分と一緒に旧江戸川右岸に降り立った、西さんだ。

途中、渋い旧江戸川右岸を見切り、どこへ行くのかなぁと試合中も目で追っていたのですが、

まさかあの強風の中、公園内のストラクチャーで1本獲られていたとは、実にお見事です。

沖堤や若洲と違ってフィールドが広いから、

今回の西さんみたいに魚が着く場所を冷静にイメージして、ピンポイントで狙うスタイルは新しいですね。

終わってみれば、葛西大会は誰がどこで釣っているかわからない、T.S.S.T.の昼間版みたいな感じでした。

そして、表彰式では大会委員長特別賞として、初の「外道賞」を受賞!

銀の袋、家で飾っております。

中身は、かなり嬉しいものばかり。ありがとうございます!

東京湾シーバスソサエティー会長の高谷さん、大会運営委員長の畑中さんを始め、
大会関係者の皆様、参加選手の皆様、大変お疲れさまでした。
次回も頑張りたいと思います。