2014_0

鱸道再開

お久しぶりです。
仕事が忙しくてブログが更新できませんでした、みたいな言い訳はしません。

前身ブログ「Tokyo Seabass Calling」から
ご覧になられている方ならお分かりになるかもしれませんが、
2012年から3年ぐらい、まともにシーバスができてません。
なんとか大会とイベントだけは参加させていいただいておりしてましたが、
深夜まで仕事で一睡もしないで行ったりするから、いっつも不完全燃焼。

それで、いいのか? と考えておりました。

まだ、自分の納得がいく答えが見つけられておりませんが、
うっすらヴィジョンが見えてきたような気がしますので、
「鱸道再開」というタイトルになりました。

まずは、溜まっている写真をアップしていきたいと思います。

2014年8月のお盆、台風が過ぎ去った増水パターンで70あるなし。
激しい雨が降ったり止んだり、朝からトライして2箇所目のポイントで。
ヒットルアーは、COREMAN IP-26(デイグリーン)
2014_0
もう、5~6年、お盆は体の悪い父親を連れて、釣りに出かけています。しかし、行き先も出発時間も父親が決めるので、毎年釣れない。だが、今年の状況は違いました。夜明けには台風が通過するということだったので、今年は釣ってやろうと思ってました。まず、一箇所目のポイントは実家の近く。そこで、根掛かり連発する父親のリーダーを結び直していると、突然後ろから声をかけられる!

「あれー、何やってるんですかー?」

うわっ。

なんと、佐川先生が登場したのだ!

しかも、「お父さん、ココは根掛かりが多いから、僕の友達もいるあちらに行きましょう」と!

とても親切にいろいろ教えていただきました。

佐川さんは釣りだけでなく、人間性がとても素晴らしい。

で、佐川さんたちのそばで高橋親子が釣りし始めるわけですが、

5分もたたずに父親が「移動する」とか言い出す始末。

マジカヨコノオッサン、ホントメンドクセー。

と心の中でつぶやきましたが、移動した2箇所目のポイントで出た一本でした(ノ∀`)タハー

今はなき「生麦釣会」に所属していた父親の影響で、

近所の大黒ふ頭まで自転車で行って、

ドップリ釣りにハマッてしまった小&中学生時代。

そんな、父親にタモ入れしてもらい、写真を撮ってもらうのですが、

「魚がでかく見えるように下から撮れ」って言っても全然撮らないし。。。

でも、釣れて良かった。

その後は、夏の終わりの河川デーゲーム。ヒットルアーはCOREMAN IP-24(ピンクフラッシュメッキ)
2014_1
2014_2

そして、シーバスメーカーCOREMANが荒川で主催した実釣セミナーへ!
2014_3

秋葉原で開催された「東京 LURE PARADISE」にも行きました。これは、ソルト&淡水の新感覚なルアーフィッシングイベントで、シーバス、ブラックバスのメーカーとファンが大集結。とても面白かったですね!
2014_5
2014_2
2014_62014_8

そして、尊敬する小沼正弥プロのトークライブがキャスティング錦糸町店で開催されたので行ってきました。この日も雑誌やDVDなどからでは得ることができない、シーバス釣りに関する知識をたくさん学ばせて頂きました。プロアングラーのセミナーやトークショーは、いろいろな釣具店で開催されているので必ずチェックですね。
2014_11

秋へと季節は移り変わり、雨後の一発チャンス到来だったが、カマスの猛攻に合う。この日は、カマスしか釣れなかったので帰宅したが、後で調べたらカマスが釣れると、その後にシーバスがまわってくるらしいです。。。
2014_12

2014_13

その後、キャスティング主催の「S-1 GP TOKYO BAY」へ出場。
その前日のプラにてイナダキャッチ。ルアーはCOREMAN CZ-30 ゼッタイ(イエロークラッホロ)
2014_14

COREMAN IP-26(金銀パール)の中層ただ巻きでタコ来ました~!
2014_15

続いて、COREMAN CZ-30 ゼッタイ(クロキンフラッシュメッキ)にてダツキャッチ。2014_16

そして、「S-1 GP TOKYO BAY」大会当日。なんと今年は関東近郊のシーバスアングラーが280名以上が参加。
2014_18

スタートの合図とともに選手がお台場から一斉に散る。
5時スタート、11時帰着。わんさか釣り人がいるであろう、
荒川、旧江戸川など都内近郊をあきらめて南房総手前の通い込んでいる磯へ。
アクアラインまで車両も団子状態だったが、富津を過ぎる頃には誰もついてきていなかった。
往復3時間、2時間という限られたキャスト時間に勝負をかけたが、
前日のプラ同様イナダ一本キャッチして終了となりました。
(そばでエサ釣りをしていたおじさんが欲しいとのことでしたので差し上げました)
2014_19

2014_17

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>